2018年2月22日木曜日

【あぐだより Vol.83 根折の古民家改修と活用方法のお話会】


古民家の改修DIY実践者と今後の活用方法のお話会に参加される方を募集します。
オープン参加なので、これまで改修に関わっていない方でもOKです。
また、DIY作業ではなく、古民家の活用方法に興味のある方は、お話会だけの参加でも問題ないですし、見学だけでも構いません。




今後、この多目的空間を活用して、多種多様な方々が交流出来る場にしていきたいと思います。
例えば、フラダンス教室や子供DIY作業、ママ友のお茶会、三線教室など、皆さんのやりたいことに活用して頂きたいと思いますので是非遊びに来て下さい!


DIY作業&活用方法のお話会
24日(土)15時~17時 DIY作業
2月24日(土)17時〜19時 古民家の活用方法についてのお話会

DIY作業内容】
*庭の整地、草刈り、芝生張り

【場所】
根折字公民館(ポニー食品近く)から県道620沿いを知名方面に徒歩1分ほど行った場所です。
車は根折字公民館に停めてください

【備考】
*参加表明は不要です。直接、現地にお集まり下さい。
*経験不問,年齢不問,性別不問,居住地不問
*途中参加、途中抜け、見学だけでもOK

【持ち物】
DIY作業する場合は、動きやすく汚れても問題ない服装,汗拭き用タオルなど
(軍手,飲み物は用意しております)



2018年2月20日火曜日

【あぐだより Vol.82 根折字の古民家お披露目会開催!】


2月18日(日)、根折字青年団が中心となって、あざまち元気活動の補助金を活用し改修した古民家のお披露目会を開催しました。

午前中は子供達が苗付けをしたジャガイモを収穫し、カレーにして美味しく食べました。




完全無農薬で素晴らしい出来栄えにみんな驚いてました。

早速、家主の和(かのう)さんが川崎市で活動されている「色輪っかつなぎ」の子供達向けのワークショップを開催しました。

色とりどりの短冊に願いを書いて輪っかを作り、繋げました。
この輪っかを川崎市で作った輪っかと繋げることで、島と川崎市を繋げ、多摩川河川敷にビックアートをつくる構想です。

午後からは根折字の方々が中心にお集まり頂き、伝統芸能の余興を楽しんでもらいました。

プロジェクトリーダーの市来さんから改修の様子をスライドで説明してもらいました。
平成298月の写真ではジャングルのような雑草を開墾していく経過が映し出され、皆さん驚きを隠しきれない様子でした。

根折字青年団によるやっこ踊りも披露して頂き、会場を沸かせました。

サンサンTVの取材を受ける家主さんは、長年空家となって荒れ果てていた親の家に心を痛めていました。
お披露目会では新しく生まれ変わった姿に感激し、言葉に詰まり涙を流す場面もありました。
サンサンTVの放送予定日は2月28日の19時30分です。

夜になって裸電球の畳の間は、居心地の良い空間となり、作業の苦労話しなどで談笑し、楽しい時間を共有しました。

最後は無事にみーやプロジェクトのお披露目会が終了したことを協力者に感謝し一本締めで終了しました。
今後、この多目的空間をどのように活用して、字の活性化に繋げていくのか?
ピザ釜つくりや露天五右衛門風呂、竹を割ってソーメン流しなど楽しいイベントのアイディアが次々に出てきます。
このプロジェクトに関わる方々の想いやアイディアを形にして、誰でもが自由に楽しく憩える場になるよう全力でサポートしていきます。
皆さんも是非遊びに来て下さい!