2017年5月11日木曜日

【あぐだよりvol.51 仁志字役員会で70周年記念プロジェクトについて話し合いがありました&バスツアーが行われました!!/ 後蘭字 今年も田植えが行われ、米作りの挑戦が続いています!】

【あぐだよりvol.51 仁志字役員会で70周年記念プロジェクトについて話し合いがありました&
バスツアーが行われました!!/
後蘭字 今年も田植えが行われ、米作りの挑戦が続いています!】


・仁志字役員会で70周年記念プロジェクトについて話し合いがありました&バスツアーが行われました!!




 4月23日(日)に仁志字で役員会があり、今年の仁志字独立70周年記念プロジェクトについて話し合いがされました。
 以前からワークショップや話し合いを通して、どの様なことを行うかアイデアが出ていたのですが、今回は具体的にいつ何を行うか、役割分担などについて話し合われました。

 「式典は敬老会にあわせて行ったらどうか」という話や「字内に花をいっぱい植えていこう」という話がされていました。また、現在、制作中の仁志字の歌についても、できた案をみなさんに一度聞いてもらいました。まだ、試行錯誤が必要なので、吉成も頑張って作曲活動のお手伝いをさせていただきたいと思います。

それに関連して、今回字のウヤホンチュと子供たちの交流ができるバスツアーを民生委員さんの発案で企画され、5月4日(木)に仁志字の方々約35名が参加し、バスツアーが行われました。

まずは字内を、昔の小字名などを教えてもらいながら巡ったそうです。その後は、ワンジョビーチや、笠石海浜公園のゆり畑の見学、最後にタラソの風公園にてみんなでお弁当を食べるツアーで大変も盛り上がり、とてもいい世代間の交流になったとのことです。

字の歴史や昔の地名(小字名)なども、ただ話で聞くだけではわからないこともあると思いますが、この様に、実際にみんなで現地をめぐりながら話を聞けるのは、とてもわかりやすくていいことだなと感じました。

今後も70周年記念行事に向けて、準備を進めていくとのことですので、仁志字のみなさんの活動を応援しています。


 ・後蘭字 今年も田植えが行われ、米作りの挑戦が続いています!




 昨年約40年ぶりに復活した田んぼで今年も、5月7日(日)晴天の中、後蘭字で田植えが行われました。

 昨年は1面だった田んぼはなんと今年は2面に増え、字の方々や内城小学校の子ども達、先生方も参加し、多くの方々が協力しながら、きれいに苗を植えていらっしゃいました。



 去年は初めて収穫したお米でお餅などをつくり、収穫祭が行われました。今年は、順調にいけば8月の初旬ぐらいに収穫できるそうです。今年も豊作になるようにと願っていらっしゃいました。

子供たちはどろんこになりながら、大人も子供もわいわい楽しく田植えをされている風景はとても素敵でした。



今回は、もち米を植えたとのことでしたが、ゆくゆくはうるち米を栽培して、酒造会社とコラボした島の米原料で作った焼酎が作れないかという構想も持っていらっしゃいます。今年も、後蘭字の活動が楽しみです!