2017年5月31日水曜日

あぐだより最終回!! まちづくり協力隊退任のご挨拶

皆様、うがみやぶら(こんにちは!)



和泊町まちづくり協力隊の吉成です。

 20146月に着任してから早くも3年が経ち、本日2017531日を持ちまして、任期満了で、まちづくり協力隊を退任することになりました。

 3年間この「あぐだより」では、‘あざ・まち元気活動’、話し合いや活動のサポートをさせていただいた字(集落)の取組み、‘あしきぶふぇすた’などのイベント情報を中心に発信して参りました。本当に多くのみなさんと一緒に活動させていただき、たくさんのことを学ばせていただきました。



「どうしたらもっとお役に立てるのだろうか?」「町・島の未来のためには今みんなで何をすべきなのか?」と日々悩んでいましたし、つらいことも時にはありました。実際本当にお役に立てていたのか、自信がない部分もあります。

でも、多くの方々と関わる中で感じた、町のみなさんの「島を愛する気持ち」「子やウヤホを思う気持ち」はやっぱりすごいし、それぞれが見出されたアイデアが、かたちになってまた前に進めたときの感動を共有できた時は、本当に嬉しかったです。



町の少子高齢化はなかなか止まりません。でも、だからこそ未来に目を向けて、できることから1歩ずつ自分たちで取り組んでいくことは、やはり必要だと実感しました。


島に住んでいる自分たちが島の素晴らしいところ、自慢できることをもっとさらに多くの人に知ってもらえるように、気になる問題は少しずつ解決していけるように、今後もぜひ無理ないかたちで、楽しくそれぞれの活動を継続して、さらに広がっていくといいなぁと思います。今後も応援したいです!

私は、協力隊を退任しても、定住し、また違ったかたちで島の活性化に貢献できればと思っております。

3年間本当にありがとうございました。しったい、みへでぃろど!!

H29.5.31
和泊町まちづくり協力隊 吉成 泰恵子


2017年5月29日月曜日

【あぐだよりVol.53 皆川字の総会に参加させていただきました】






5/27()、皆川字の総会に参加させていただきました。
皆川字は、棚田の復活と自然川(にゃ〜ぐぬほ〜)の
散策道づくりを昨年度から推進してきています。





昨年夏には初めての棚田納涼祭が開催され、大変好評であったことから、本年度も7月に第2回夏祭り棚田納涼祭を計画しております。



字の宝である「にゃ〜ぐぬほ〜(皆川の川)」の価値を改めて見直し、人が集まる場を作ることで字の活気が出てきております。



また、昨年のクリスマスには、ガジュマルの木と棚田にクリスマス限定イルミネーションが施されました。



字民の「にゃ〜ぐぬほ〜」を復活させたいという想いから実際に行動に移したことで共通の目標ができ、字が活性化してきています。



字の宝を再認識し、新たな名所を作り上げている皆川字の活動に注目していきましょう!






2017年5月23日火曜日

【あぐだよりvol.52 仁志字の総会に参加させていただきました!70周年プロジェクト,仁志字の歌について】

【あぐだよりvol.52 仁志字の総会に参加させていただきました!70周年プロジェクト,仁志字の歌について】

総会の様子

5/20()、仁志字の総会にまちづくり協力隊吉成、地域おこし協力隊の金城さん、企画課の沖さんとで参加させていただきました。仁志字は昨年から話し合いのワークショップやアイデア出しのお手伝いをさせていただいて、その中で決まった「仁志字70周年プロジェクト」について現在様々な活動をされています。

仁志字70周年プロジェクトとは、字が今年永嶺字から独立して70周年の記念の年なので、改めて字の歴史を知り、世代間の交流や記念式典などを計画し活発に活動していこうというものです。今回の総会でも、70周年記念に向けた行事の予算化などの話がされていました。



地域おこし協力隊 金城さんもごあいさつさせてもらう


 また、現在「仁志字の歌をみんなで作ろう!」というプロジェクトも進行中で、作詞は字の方、私は作曲でお手伝いさせていただいております。

 今回、その曲の案が仕上がったので、字のみなさんの前で初お披露目をしました。

「もし、反応がよくなかったらどうしよう・・・」と緊張しましたが、みんな口ずさんでくれて、中高生も舞台に上がって一緒に歌ってくれました。曲を聴いて笑顔になっている方々がいたので安心しました。 

できたてホヤホヤの仁志の歌を初披露

 これから、もう少し修正アレンジを加えて、歌ったり、流したりできるように録音していきたいと思います。これを機に字民が愛し、歌い継がれる1曲になればと願っております。


 その他、敬老会にあわせた式典に向けて、花を植えたり、昔の写真の資料を集めてデータ化したりと様々な取組みをされる予定です。ぜひ、仁志字のみなさんの活動を応援しましょう!!



まちづくり協力隊 吉成


シルバー人材の活躍が島を支えています!


ソテツジャングルの景観整備のため、シルバー人材センターの
方々にご協力を仰ぎました。


観光客が安全に自生ソテツの群生地をお楽しみ頂けるよう
ジャングルウォークの雑木の伐採作業を行いました。


ソテツは島の人々の生活を守り 支え続けた重要な植物であり、
亜熱帯を代表する風景は、島の景観にふさわしい植物です。
「ソテツは命の恩人である」ということを後世に伝えるべく、
ソテツジャングルの整備を行いました。


シルバー人材の方々に共働・共助の理念に添って、プロフェッショナルな
仕事ぶりで活力ある地域づくりに貢献してもらっております