2017年4月17日月曜日

【あぐだよりvol.50 島つつじの里 玉城づくりについて】

【あぐだよりvol.50 島つつじの里 玉城づくりについて

消防車庫のつつじの壁画

 玉城字は「元気な玉城 きれいな玉城 安心玉城」をスローガンに昨年より「島つつじの里・玉城(にゃ~とう)づくり」をすすめています。※島つつじとは島に咲くつつじ。多くはケラマツツジ

昔は集落内の屋敷の土手等に島つつじが咲き乱れていてきれいだった玉城、近年は道路の拡張などにより、屋敷の土手が撤去されるにつれ、少なくなってきた島つつじを集落の花として見直し、植栽をしていくことで3月~4月頃には字全体が美しいつつじの赤で染まるようにとはじめたそうです。


民家や路地裏にもツツジが・・・


昨年から町の「あざ・まち元気活動補助金」も活用して、活動されています。まず、完成したのが、玉城字の和泊よりの入り口にあるアグリグリーンパーク横、消防車庫につつじのきれいな壁画ができました。この絵は、中学校の美術教諭である白川清乃さんがデザインし、描いて下さったそうです。
「島つつじの里 にゃ~とぅ(玉城)」のシンボルとして集落に入る玄関口に鮮やかな、つつじの花が咲き、道行く人たちの目を奪っています。


壁画の近くにあります!アグリグリーンパークの案内板
また、苗木を取り寄せたり、自分たちで苗木づくりを行ったりして、アグリグリーンパークや公民館付近、花園、希望者の家庭の庭などに植えられています。
そして、先日そのアグリグリーンパーク横に、玉城字内の見所がわかる「案内板」ができました。ツツジのスポットだけでなく、世之主や玉城にいたという豪族・稲当由四里などにまつわるスポットも載っていて、集落歩きの参考になりますよ!
枝の剪定されている様子
少し時間はかかると思いますが、今後も、苗木の育苗や新しいスポットへの植栽、字のみどりの作業をしてくれた方へのお返しとしてつつじの苗を家に植えてもえるような仕組みづくりをしたいということでした。集落のツツジが増えていき、美しい風景が戻ってくることで、字住民の誇りの醸成やコミュニケーションのきっかけなればとのことです。また、それを見に玉城を訪れる方が増えたらいいですね。
民家のお庭 立派なツツジの築山(大里邸)


新しく設置されたベンチ

アグリグリーンパークと公民館前の広場には、可動式ベンチも設置され、また新しい字の憩いの場となっています。今後の玉城字の活動も楽しみです!