2016年12月27日火曜日

【あぐだよりVol.44 後蘭字しめ縄飾り作り/ 皆川字 棚田イルミネーション】

【あぐだよりVol.44 後蘭字 しめ縄飾り作り/皆川字 棚田イルミネーション】

・後蘭字 収穫したお米から出た藁でしめ縄作りが行われました



 後蘭字は、昨年から、字民協力して田んぼを復活させ、お米づくりに挑戦されています。今年、初めて収穫されたお米の藁で12/23()、お正月に飾る、昔ながらのしめ縄作りが行われました。稲作がなくなってしまった島ではいつしか、収穫後にできる藁を使ったしめ縄づくりやわらじづくりもなくなってしまっていましたが、今回後蘭字のみなさんは、自分たちで収穫したお米の藁を使ってのしめ縄づくりも復活させました。






 当日は2030名の方が参加し、藁をたたいて、束ねて、独特のしめ縄をみんなで作っていました。新しい年を迎えるにあたり、大切なしめ縄をみなさんで手作りし、昔の知恵や結の心が紡がれているのは、とても素敵だなと思いました。

 来年はさらに米づくりをすすめていくということなので、協力隊も応援していきたいと思っております!




・皆川字 棚田にクリスマスイルミネーション・キャンドルの灯りがともりました



 皆川字は、棚田の復活と自然川(にゃ~ぐぬほ~)の散策道づくりをすすめられています。今年夏に初めての棚田納涼祭が開催され、少しずつ字の宝である「にゃ~ぐぬほ~(皆川の川)」にまた人が集まりはじめています。

 今年のクリスマスには、字のシンボルツリーであるガジュマルの木と棚田に、クリスマス限定イルミネーションが施されました。また25日、26日には棚田の畦に300以上のキャンドルが灯され、とても幻想的な風景が広がっていました。字民、育成会の方々が中心に準備し点灯したとのことです。



 キャンドルの光は、ゆらゆらとまるでホタルの様で満点の星空とあいまって、とてもロマンチックな世界になっていました。島にもこんな風景があるんだと感動しました。

新たな名所となりつつある皆川の「にゃ~ぐぬほ~」ぜひみなさんも訪れてみてください。




2016年12月5日月曜日

【あぐだよりVol.43 あしきぶふぇすたvol.2開催のお知らせ/ 仁志字でこれまでのワークショップについて共有する会を実施しました!】

【あぐだよりVol.43 あしきぶふぇすたvol.2開催のお知らせ/
仁志字でこれまでのワークショップについて共有する会を実施しました!】



 ・あしきぶふぇすたvol.2の開催が決定しました!!

 今年1月に初めて谷山字あしきぶ公園で開催しました『あしきぶふぇすた』、来年1月15日(日)にvol.2を実施することになりました。

 このイベントを企画・開催しようと思ったきっかけは、村づくり計画作りに取り組んでいた谷山字のみなさんが「字の宝であるあしきぶ公園をもっと多くの方に知ってほしいし、来てほしい。」という話を伺い、ぜひここで島の自然を大切にしながら、みんなで楽しく過ごせる時間を作りたい、あしきぶ公園のファンが増えたらいいなと思ったからです。今年も、まちづくり協力隊・あしきぶふぇすた友の会(有志の協力メンバー)・谷山字の方々で協力して開催予定です。

 第1回目を開催した際は、ペーパーレス広報(ポスターやフライヤーなどをまかない広報)にも関らず、約560名の方が来場してくださり、大盛況でした。
 今年も多くの島内のハンドメイド作家さんの出店や森のスタンプラリーなども加わり、おとなも子どもも自然の中で楽しめる内容なっていると思います。ぜひ、みなさんお誘いあわせの上、お弁当持参で一緒にピクニックしましょう!ご参加お待ちしております。

~おとなも子どもも楽しく遊ぶ日 おきのえらぶ的LOHASなお祭り~
あしきぶふぇすたvol.2

1月15日(日)12:0015:00@谷山字あしきぶ公園
※雨天時22日(日)延期予定。

内容:いちじゅーいちびんピクニック/フリーマーケット/手づくり蚤の市/青空ステージ/クラフト体験・ジャージャに習う昔遊びコーナー/出張カフェなどなど

詳細はあしきぶふぇすたFaceBookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/ashikibufesta/


・12月4日(日)仁志字で「これまでのワークショップについてみんなで共有しよう!」の会を行いました。 


4日は、仁志字年末の字内清掃となっており、たくさんの字民の方が集るということで、これまでのワークショップに参加できなかった方も一緒に、どんな意見やアイデアが出たのか共有しようということで行いました。

普段、夜だとなかなか外出できずワークショップに参加されていなかったご高齢のおばあちゃんもたくさんいらしていて、前回までの流れやワークショップの様子、結果を共有したあとに、ミニワークショップを行いました。

そこで今回参加されていた方からも追加で色々な意見やアイデアがでました。やはり、長年字に住んでいらっしゃるアジ(方言でおばあちゃん)からは、昔の情景や字の様子を知っているからこその「昔は仁志字も田んぼがたくさんあり、馬も牛もたくさんいた。」という話や「仁志字は家のすぐ近くにそれぞれの畑があるので、高齢になっても仕事をすることができ、それが長寿に繋がっているのではないか?。」「長寿会がない→高齢者が定期的に?顔あわせられるような場がほしい」などの意見がでていました。

また、最後に「来年字が独立して70周年の節目の年を迎えるし、一部の人だけでなくできるだけ字民みんなで参加して意見やアイデアを出し合い、なにかひとつでもみんなで協力して取組むことができたらいいと思う。字の歴史や家名の地図など、昔のことを知っている方がいらっしゃる間に改めて聞き、まとめていくことも必要ではないか。」というお話がありました。


 今後も話し合いを続け、活動につなげられればということですので、協力隊もできることサポートさせていただければと思っております。