2016年4月25日月曜日

【あぐだよりVol.35  40年ぶりの田植え】

初めに、熊本地震で被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。平穏な日常に一日でも早く戻れますようにお祈りしております。


■後蘭字で40年ぶりの田植え

後蘭字で417日に約40年ぶりの田植えが実現しました。
「あざ・まち元気活動」のワークショップで、「以前、後蘭字では田袋(田園風景)が広がっていたが、今はその風景を見ることができなくなりさみしい」という意見がありました。
昭和48年に実施された水田転換事業で水田の畑地化が行われ、集落から田んぼが消えてしまったのです。それだったら復活させよう!と壮年団を中心に話し合いを重ね「水田の復活」が始まりました。水田は「瑞穂の郷」と名づけられました。
畑だった所を田んぼにするために重機を使って造営作業を行い、土手にシートを貼り、水路を確保し、水を溜め、苗をつくり着々と準備が整い417日を迎えました。
朝方の大雨で田んぼの水位が上がったために、先ずは水抜きをすることになりました。水抜きの間は稲作が盛んだった頃の話を聞きながら頃合を待ちます。雨水のみに頼っていたために水の確保に苦労した話、台風後に水没した田んぼでボート遊びをして楽しかった話など昔話しが尽きません。



そしていよいよ田植えが始まりました。昔とった杵柄での田植えはお手のものと長寿会メンバーの指導のもと、子供と大人が交互になって一列に並び苗を植えました。田んぼに足を踏み入れると泥の感触が気持ちよく、足をとられながらも楽しく、あっという間に終わりました。一直線に苗がきれいに植えられた田んぼは圧巻です。多少のゆがみはご愛嬌。おたまじゃくしの泳ぐ姿が見られるのかな?


「水田を復活!」を掲げてなんと一年足らずで実現しました。短期間で実現できたのは、区長さんをはじめ集落の皆さんの「子供達に楽しんでもらいたい」という熱い思いと、自分達大人も楽しんでいるからだと思いました。
これから、案山子まつり、お月見会、餅つき大会と楽しい企画が目白押しです。今から楽しみです。



■移住者交流会に参加

423日に開催された移住者交流会に参加しました。5年前に島に移住された方がご自身の経験から、沖永良部島に引っ越してきた方に島の生活を楽しんでほしい、先輩移住者と島人(しまんちゅ)と交流して知り合いを増やしてほしいと企画されたイベントです。

50人の参加者で後半にはライブもあり大盛況でした。会場では熊本地震の募金活動も行われました。




福岡から2月にご家族で移住された方、鹿児島からの転勤ホヤホヤの方、1年前に東京からUターンされた方、2年前に鹿児島からUターンされた方、そして島人(しまんちゅ)と会話が弾みます。初対面とは思えない懐かしさを感じます。皆さん経緯はそれぞれ違いますが、共感すること、新しい発見もありとても有意義な会でした。
早速、イザリ(夜の潮干狩り)に誘っていただきました。ありがとうございました!