2015年4月7日火曜日

【あぐだより vol.19】えらぶゆりが咲き始めました

【あぐだより vol.19】

えらぶゆりが咲き始めました

島では今,えらぶゆりが咲き始めとてもいい香りを放っています。100年前から島で咲いているえらぶゆりは,平成25年に鹿児島県ブランド産地指定を受け,島の宝としてこの先も受け継がれていくように様々な取組みが進められています。その一つとして,先日,えらぶゆりのホームページが開設されました。ぜひご覧ください。
http://erabuyuri.com/wps/





■ 和字「川チーム」からの活動報告

和字の村づくり計画7テーマの1つ「川と水辺の整備」チームのリーダーから2月に行った川の調査報告がありました。その後,ケービングガイド連盟の方から川の中の生き物,洞窟の状態など画像を用いての状況報告がありました。数十年前の懐かしいパッケージのビール缶があったりと長い年月で蓄積されたゴミ問題が明らかになりました。最後に,沖永良部島に移住された東北大学名誉教授石田先生が陸と海をつなぐ水の循環を守るために「森」「里」「川」「海」それぞれの重要性を話してくださいました。先ずは,できるところから始めようと5月に川の清掃をすることになりました。



■ SUP(スタンド・アップ・パドルボード)を体験

2週続けて東京から友人が遊びにきてくれました。島を案内しながら,自然が織り成す景色,人情の温かさ,地元産の野菜の甘さ・・・と島の良さを再認識することができ,帰ってきてよかったと強く思いました。その中で,特に感動したのは,島の東側にある白い浜が広がるワンジョ(湾門)ビーチでのSUP体験。最初は座り漕ぎでオールの使い方に慣れ,そしていよいよ立ち漕ぎに挑戦。ボードから落ちては立ち,落ちては立ちを何度も繰り返し何とか立って漕げるように・・・視界に広がるキラキラと輝く海面はこれまで見たことのない景色でとても感動的でした。







■ 新年度がスタート!

まちづくり協力隊の活動を始めて,それぞれ18ヶ月,10ヶ月が経過しました。就任した時のワクワクドキドキ感は今でも覚えています。27年度も「ワクワクドキドキ」をたくさん感じられるように新しいことに挑戦していきたいと思いますので,皆さん応援よろしくお願いします。