2015年4月24日金曜日

【あぐだより vol.20】西原字育成会 子どもの西原んちゅワークショップ

【あぐだより vol.20】
 
■西原字育成会 子どもの西原んちゅワークショップ


 
 今年2月から西原字の「あざ・まち元気活動」西原んちゅワークショップが始まりました。西原字は、「自分たちの字のことは自分たちでなんとかしていこう!」のもと、長寿会、婦人会、青壮年団、育成会のグループリーダーと西原字在住の役場職員のみなさんが中心となり、協力しあってワークショップを進めていく形に挑戦されています。


 先日行われた育成会 子どものワークショップでは、会長の方自ら司会進行、運営して、まず字の強みや魅力と気になるところの洗い出しが行われました。

 字のほとんどの子どもたちと保護者の方々約30名が集り、みんなでわいわい楽しみながら話し合いが進み、なんと200以上の意見・アイデアがでました。この様に西原字は、大人も子どもも一緒になって字のこれからについて考えています。
 
 子どもたちの意見やアイデアには、「大人たちが子どもたちのことを気にかけてくれている。」「なぜ銅像が字内に建っているのか?」「カーブミラーがない所があり登下校のとき不安。」など、大人が気がつかなかった視点も多くあり、おもしろいアイデアがたくさんありました。
 
 5月からは、各グループで出た意見を字全体で共有して今後どのように取り組んでいくかを話し合うことになっています。


 協力隊も今後の西原字の活動サポート頑張りたいと思います。


■平成27年度エコツーリズム推進担当者会議にてまちづくり協力隊の活動、集落の取り組みなどについて事例発表させていただきました。

 



 先日、奄美大島宇検村で開催された平成27年度エコツーリズム推進担当者会議にて奄美群島の行政担当者、観光協会など島コーディネーターのみなさんが多く集る中、和泊町まちづくり協力隊の活動について、また字の方々が現在取り組まれている活動についてなどを発表させていただきました。

 今回は、エコツーリズムの会議ということで、字で取り組まれている活動の中でも、皆川字の石橋川のチーム、谷山字のあしきぶ公園活用について、和字の川(ヒージョ)と水辺の整備チームなど、字の自然を守り生かして、人が集える「場」づくりに取り組んでいる活動について重点的に紹介させていただきました。

 また、吉成がすすめております「ねこのめMAP 沖永良部島 和泊町」
http://okinoerabu-nekonome.blogspot.jp/と民泊開業プロジェクトについても発表させていただきました。

 群島各地の担当者の方からは、「和泊町の集落の方々の取り組みについて知れてよかった。非常に興味深かった。」「いい刺激になった。」「沖永良部島に行きたくなった。」などのお言葉をいただきました。

 今後ぜひ奄美群島の方々も実際に沖永良部島に足を運んでいただき、えらぶの自然や集落の方々の頑張っている姿を見ていただきたいなと思いました。


■沖永良部島のゴールデンウィークは手作りの楽しいイベントが盛りだくさん!
―ゆりふぇす開催 和泊字南洲祭のお知らせ

☆5/3(日) ゆりふぇすについて☆



約20年ぶりに沖永良部島の「ゆり祭り」が復活!
来る!5月3日(日・祝)大安吉日 連合青年団主催の
『ゆりふぇす』しまらっきょくんが恋をした!?
が開催されます。
笠石海浜公園にて15時スタート。

こどもも大人も楽しめる企画がたくさん。
えらぶゆりや色とりどりのすかしゆりが咲き誇るなか
親子で楽しめるフラワーアレンジメントやキャンドル作り体験、三輪車レースなどのイベントを予定しています!
また17時からはステージイベントと花火の打ち上げも予定されています。
私、吉成もステージイベントで演奏します。

何故しまらっきょくんがドキドキしてるのか⁈
その答えは当日明らかになるそうです!

詳しいことは↓
https://www.facebook.com/#!/wadomari.rensei?fref=ts
をチェック。
ぜひお越しください!

☆5/5(火祝)南洲祭について☆
 



和泊字青年団主催の字のお祭り『南洲祭』が5/5(火)開催されます!
ヤーシチ公園 18時スタート。
多数の露店出店、スイカの早食い大会、祭り太鼓の演奏、打ち上げ花火などなど
その他たくさんの楽しい企画があるとのことです。
ぜひ、みんなで行きましょう~!

詳しくは↓
https://www.facebook.com/#!/wadomariaza?fref=ts
をチェック。



みなさんお誘いあわせの上、上記のイベントにぜひ参加しましょう♪♪
そして楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

2015年4月7日火曜日

【あぐだより vol.19】えらぶゆりが咲き始めました

【あぐだより vol.19】

えらぶゆりが咲き始めました

島では今,えらぶゆりが咲き始めとてもいい香りを放っています。100年前から島で咲いているえらぶゆりは,平成25年に鹿児島県ブランド産地指定を受け,島の宝としてこの先も受け継がれていくように様々な取組みが進められています。その一つとして,先日,えらぶゆりのホームページが開設されました。ぜひご覧ください。
http://erabuyuri.com/wps/





■ 和字「川チーム」からの活動報告

和字の村づくり計画7テーマの1つ「川と水辺の整備」チームのリーダーから2月に行った川の調査報告がありました。その後,ケービングガイド連盟の方から川の中の生き物,洞窟の状態など画像を用いての状況報告がありました。数十年前の懐かしいパッケージのビール缶があったりと長い年月で蓄積されたゴミ問題が明らかになりました。最後に,沖永良部島に移住された東北大学名誉教授石田先生が陸と海をつなぐ水の循環を守るために「森」「里」「川」「海」それぞれの重要性を話してくださいました。先ずは,できるところから始めようと5月に川の清掃をすることになりました。



■ SUP(スタンド・アップ・パドルボード)を体験

2週続けて東京から友人が遊びにきてくれました。島を案内しながら,自然が織り成す景色,人情の温かさ,地元産の野菜の甘さ・・・と島の良さを再認識することができ,帰ってきてよかったと強く思いました。その中で,特に感動したのは,島の東側にある白い浜が広がるワンジョ(湾門)ビーチでのSUP体験。最初は座り漕ぎでオールの使い方に慣れ,そしていよいよ立ち漕ぎに挑戦。ボードから落ちては立ち,落ちては立ちを何度も繰り返し何とか立って漕げるように・・・視界に広がるキラキラと輝く海面はこれまで見たことのない景色でとても感動的でした。







■ 新年度がスタート!

まちづくり協力隊の活動を始めて,それぞれ18ヶ月,10ヶ月が経過しました。就任した時のワクワクドキドキ感は今でも覚えています。27年度も「ワクワクドキドキ」をたくさん感じられるように新しいことに挑戦していきたいと思いますので,皆さん応援よろしくお願いします。