2014年10月24日金曜日

【あぐだより vol.10】国頭字でワークショップが始まりました!

■国頭字でワークショップが始まりました!

和泊町の東北部に位置する「国頭字(くにがみあざ)」は,小組合が15組あり,和泊町で2番目に人口の多い字です。人口減少,高齢化という状況下でも,人のつながりを育み,助け合い・支え合う「組毎ユエー」について話し合いたいという区長さんの熱い思いから始まったワークショップです。

*組毎ユエー:情報交換の場,お互いの絆を確認する場,字・町への意見,要望を集約する場



1回目のワークショップは,字の役員,小組合長,字出身役場職員の総勢30名の参加で,10数年前から途絶えがちの「組毎ユエー」のいい所・気になる所を出し合いました。硬い雰囲気で始まったワークショップでしたが,いざ始まると活発な意見が出てきて,笑い声も聞こえ,発表役を買って出る方もいらっしゃって終わってみると「楽しかった!」という声,笑顔がありほっとしました。次回は気になる所を解決するアイデア出しを11/25に予定しています。

 
 
 
■谷山字で「島踊りの継承」活動
 
昨年「集落計画策定」の実施した谷山字では活動テーマのひとつ「島踊りの継承」活動が着々と行われています。踊り好きが集まり,先ずは誰もが気軽に踊れる「稲摺り節(いにすりぶし)」「ちくたぬめー節」(お米の豊作を歌った唄)を長寿会メンバーから伝授。
 
「難しい踊りは映像に収めよう」ということになり,10/21・22に撮影会があり,8題収録しました。先生はお二人合わせてなんと!166歳!!
 
 
 
 
■3年ぶりの町民体育大会
 
今年のテーマは「町民の元気の発信 未来へ」
3年ぶりということで各字(あざ)の意気込みはすさまじく,それは入場行進からも伺えました。1ヶ月前からの練習,当日の競技・応援を通じて字の団結力を再確認することができ,意気込み,情熱の源がわかったような気がします。
 
 


2014年10月6日月曜日

【あぐだより vol.9】あざ・まち元気活動をみんなで盛り上げていこう!

【あぐだより vol.9】あざ・まち元気活動をみんなで盛り上げていこう!


★9/30(火) 和泊町役場職員の皆さんに,私たちまちづくり協力隊の活動報告と「あざ・まち元気活動」について説明する機会,第2弾をつくっていただきました。併せて前回同様ミニ・ワークショップを体験していただきました。


なんと参加人数は約80名!ほとんどの役場職員の方が参加してくださり感動しました。




昨年から活動している皆川字・谷山字,今年から活動開始した和字でのワークショップの報告とこれからみんなで取り組んでいこう!という「あざ・まち元気活動」について中心に発表させていただいたのですが,3字の取り組みの中ですでに一緒に活動してきた職員の方からもコメントをいただき,和やかなムードで進んでいきました。

またミニワークショップは,12グループに分かれて行いました。
参加された方からは,「普段一緒に仕事をすることの少ない部署の方と話ができてよかった。」や「こういうやり方で集落でも話し合いをすればいいんだね。」,「楽しかった!」などの感想をいただきました。

この「あざ・まち元気活動」は「人がつながる→人が元気になる→字が元気になる→町が元気になる」を目標に行っていきますが,住民の方,役場職員,まちづくり協力隊が一体となって協力しあうことが大切だということを確認しあうことができました。
今後はそれぞれの字にあった方法を模索しながら,一緒に活動していきます。

★各字を尋ねて・・・区長さんからのヒアリングは続いています。

先週は、仁志字・玉城字の区長さんからお話をお伺いしました。仁志字ではさっそく字のみなさんへの説明をしてほしいとのことになりました。玉城字は空き家が多いので空き家の対策についてなにか一緒にできないかという話になりました。


21字中訪問できていない字が残り5字となりました。すべての字をまわって状況を確認,どのようなことで困っているのか,またそれを解決していくにはどうしたらいいか,強みをどういかしていけばよいのか等よくお話を伺い,一緒に考えていきたいと思います。


★島づくり人材養成大学に参加して・・・

私(吉成)は,9/24(水)~26(金)に東京永田町で行われた公益財団法人日本離島センター主催の「島づくり人材養成大学」に参加させていただきました。

今回は北は北海道利尻島から南は我らが沖永良部島まで全国22の離島から24名の島おこしに従事されている方(役場職員,地域おこし協力隊,漁師,主婦の方など)様々な立場の代表者が集い「島づくり」に大切なことについてワークショップや考え方の手法を学んだり,情報交換やディスカッション等を行いました。

島づくり人材養成大学:http://www.nijinet.or.jp/about/activities/educations/tabid/91/Default.aspx


今回のこの研修に参加してまず,全国の島で地域おこし協力隊をはじめ地域活性化や課題解決に取り組んでいらっしゃる方々との人脈を得ることができました。ワークショップ等でお互いの活動のアドバイスをし合うことができたし,同じ様な立場で活動している者同士だからこそ得られる情報や手法がありました。また、この人脈を生かして来年にメンバーを沖永良部島にお招きするツアーを企画したいと思っております!

次に手法についてはブリッチングという,人と対話する際に自分自身がまずは受け入れるという姿勢を相手に見ることが大切で常に橋を渡した状態にすることや,将来像を描きモチベーションをアップさせる方法として目をとじて自分がたてた目標を達成したときを想像することなどを学びました。この目をとじて理想のビジョンを想像する手法はどの世代にも通じてわかりややすく,なおかつモチベーションが向上するので活用できると思いました。

濃い3日間で多くのことを学ぶことができました!
今後の活動にも得たことを存分に活かしていきたいと思います。

【参考】
研修で出会った方の一人 岡山県の笠岡諸島で島おこし,島の困りごとを解決していく活動をNPOで事業化されている取り組みHP:http://www.shimazukuri.org/

★台風18号はえらぶをかすって去っていってくれました。ただ雨があまり降らなかったので作物の塩害が心配です。また台風19号も発生しています。今週末は町民体育大会が開催予定ですので、台風の影響がでないように祈っています。