2014年8月13日水曜日

【あぐだより vol.5】 和泊町は夏祭りシーズンでわいわい♪ 活動の輪広がっています・・・

【あぐだより vol.5】 和泊町は夏祭りシーズンでわいわい♪ 活動の輪広がっています・・・

―夏祭りのお話

和泊町は現在夏祭りシーズンです!台風で心配された港まつりも無事終わり,昨夜は延期になっていた花火大会が盛大に行われました。
大人になって初めて見たのですが,あまりの迫力と美しさに感動して泣きそうになりました。
この日のためにみんなに喜んでもらおうと準備を頑張ってきた商工会や島のみなさんのことを思ったらまた涙がでそうになりました。島の方々が想いを込めたイベント。
もっとたくさんの方に参加し見てほしいなと思いました。




港祭以外にも各字でひらかれる夏祭りが目白押しです。
字によって内容や文化がちょっとずつ違います。お盆なので島外から帰ってきた人を「おかえり~」「ただいま~」とあたたかく迎えている光景が見られます。
私が住んでいた場所にはこのような集落の夏祭りやお盆の光景がなかったのですごくいいなぁ,あたたかいなぁと感じています。

現在一緒に活動している和字もワークショップで夏祭りについて様々な意見やアイデアが出たので今年はまた一味違う夏祭りを行うそうです。とても楽しみですね。
ぜひ,ご都合がよろしい島民の方,島に帰っている方,ご旅行でいらっしゃっている方も字の夏祭りに参加されてみてください♪

―活動の輪広がっています・・・

現在集落の活性化のサポートで昨年10月からは皆川・谷山字,今年5月からは和字のみなさんとワークショップや実際の活動をしながら取り組んでいますが,その活動をそれぞれの字にあった方法で全字取り組んでいければという提案をさせていただいたところ,少しずつご相談や活動の輪が広がってきています。
その活動の名前は「あざ・まち元気活動」といいます。

~ 人がつながる →人が元気になる →字が元気になる →町が元気になる ~ 自分たちの字・町のことは自分たちでなんとかする(住民主体)
をテーマに字民,役場職員,まちづくり協力隊一緒になって活動していこうという取り組みです。

【国頭字 くんじゃい美ら島会さん】
8/1(金)には国頭字の区長さんに国頭字で取り組んでいらっしゃることについてお話を伺いました。また、国頭字『くんじゃい美ら島会』さんの話し合いに参加させていただきました!
美ら島会のみなさんは沖永良部の空の玄関口になる国頭字から花やみどりをいっぱいにして島中が花咲き誇る美しい島になるようにと活動を開始されています。
話合いで少しお時間をいただき,まちづくり協力隊の活動についてやくんじゃい美ら島会さんの活動を開始される上でのアドバイスを少しさせていただきました。これから字の方々を巻き込みながら頑張っていかれるそうなので応援しています。




【大城字 ゆうゆう市さん】
8/5(火)には大城字の約1/3の世帯が協力して行っている野菜や特産品の直売所ゆうゆう市さんの定例会議に参加させていただきました。ここでもなにかお手伝いできることがないかとまちづくり協力隊の活動についてお話させていただいたところ,運営している中で今抱えている問題や今後どうしていくかの話し合いをするのにぜひサポートしてほしいというお話をいただきました。
今度こちらでも一度みんなでワークショップをしてみよう!ということになりました。

【根折字】
8/11(月)には根折字の公民館で区長さんにお話をお伺いしました。根折字は人口の減少率や高齢化率でいえばかなり高い数値になっていてデータだけみると懸念事項が多いのではないかなと心配していたのですが,お話を伺うと住民の方が月に1回集まる常会の参加率はかなり高く,協力的,団結力がありすでに活動されていることがたくさんありました。そんな字の強みをもっと生かすためにもなにかサポートできないかというお話をさせていただきました。

このように、現在まちづくり協力隊は各字,町のことをもっと知るためにそれぞれの集落に伺い,まずは区長さんや活動されている団体の方からのお話を伺っています。
お話を伺うと「こういう部分を一緒に考えてほしい」や「みんなをもっと巻き込むにはどうしたらいいかな?」などご相談を受けます。またお話を伺う度に新たな発見があります。

このような活動の輪が少しずつ広がって,みんなで協力しあうことで人がもっと元気になり,字が元気になり,町が元気になっていけるように全力でサポート,頑張って取り組んでいきたいなと思います。


和泊町まちづくり協力隊
吉成 泰恵子